任意売却の5つのメリット・3つのデメリット

まずはメリットをお伝えします。

任意売却の5つのメリット

メリット

任意売却の5つのメリットは次の通りです。

メリット①:市場価格に近い価格で家を売却できる
メリット②:周囲に任意売却であることを知られない
メリット③:手数料を売却額の中から支払える
メリット④:残債(残りの借金)を分割で支払える
メリット⑤:そのまま今の家に住み続けられる可能性もある

それぞれ見ていきましょう。

メリット①:市場価格に近い価格で家を売却できる

前述の「任意売却と競売の違い」の中でも触れたように、任意売却では他の不動産売買と同じように市場に出して販売します。

ですので、市場に近い金額で売ることが可能です。

市場価格に近い金額で売れると残債(残りの借金)が少なくなり、のちの返済の負担が軽減されます。

メリット②:周囲に任意売却であることを知られない

こちらも競売との違いの中で説明しましたが、家の売却の際は通常の不動産売買と同じように市場に出しての販売になります。

ですので、ご近所や知り合いに事情を知られることがありません、

メリット③:手数料を売却額の中から支払える

家を売却するときには、仲介手数料や税金などの諸経費が売却額の3~5%くらい掛かります。

任意売却の場合これらの費用は家を売却したお金の中から支払うことが認められています。

ですから諸経費を払うために手持ちのお金を使う必要がありません。

メリット④:残債(残りの借金)を分割で支払える

任意売却の場合、家を売った後に残った債務(残債)は、債権者(金融機関)との話し合いで分割して返済することが可能です。

返済額も債務者に無理のない現実的な範囲、通常5,000~30,000円ほどになることが多いです。

メリット⑤:そのまま今の家に住み続けられる可能性もある

任意売却では家の購入者を選ぶことができます。

そのため、親戚や友人などに家を買ってもらい新たに賃貸契約を結ぶことで、引越しをせずにそのまま同じ家に借家として住み続けることができます。
もし自宅にそのまま住めなくなったとしても、引越しの日程は債権者との話し合いで決めることができます。

ですので、ゆっくりと次の家を探すことができます。

任意売却は、次のようなポイントがあるため、経済的に厳しい状況におかれている家の所有者にとってとても魅力的な制度といえます。

・周囲に事情を知られることなく競売よりも高い値段で自宅を売却できる
・その後も残債を分割返済できたり引越しの日を協議で決められる

続いてデメリットをお伝えします。

任意売却の3つのデメリット

デメリット

任意売却の3つのデメリットは次の通りです。

デメリット①:手間が掛かる
デメリット②:手続きを依頼する仲介業者選びが難しい
デメリット③:連帯保証人の同意が必要になる

それぞれ見ていきます!

デメリット①:手間が掛かる

任意売却するためにはまずは金融機関に承諾してもらわなければなりません。

そして売却を進めるためには仲介業者と媒介契約をして家を市場に出し、販売、売買契約の締結と順に進めていきます。

強制執行の競売に比べると、自分の意思で家を売れますがその分手続きや手順が多く手間が掛かります。

デメリット②:手続きを依頼する仲介業者選びが難しい

任意売却には債務整理に関する法律の知識や専門的な不動産取引の経験が必要ですが、「任意売却専門業者」と名乗ることに関してのガイドラインは何もないため、残念ながら悪徳業者が存在するのが今の現状です。

悪い会社と契約をしないためには、債務整理に強い弁護士、不動産取引に詳しい税理士や建物取引主任や司法書士など複数の専門家が会社にいるかをきちんと確認することが重要です。

デメリット③:連帯保証人の同意が必要になる

自宅のローンに連帯保証人のいる場合、任意売却するためにはその連帯保証人の同意が必要となります。

連帯保証人と連絡が取れなかったり、同意してもらえない場合は任意売却を進めることができません。

タイトルとURLをコピーしました