任意売却の7つの流れを完全解説!千葉で任売するならこのステップ!

いざ!任意売却をしよう!と思っても、その流れを把握していないと間違えていまいます。

任意売却の流れは7つあります。

①仲介業者を決め、相談をする
②家の査定をしてもらう
③仲介業者と媒介契約を結ぶ
④仲介業者とともに債権者(金融機関)と交渉する
⑤家の販売開始
⑥債権者の同意を得てから売買契約
⑦引越し

それぞれご案内していきます。

【任意売却の流れ①】仲介業者を決め、相談をする

1

まずは任意売却の仲介業者を選び、現在の状況を伝えた上でこちらにあった売却方法やスケジュール、金融機関との交渉内容について相談します。

【任意売却の流れ②】家の査定をしてもらう

2

家の販売価格を決めるために査定をしてもらいます。この価格は金融機関との交渉にとても大切になるため、現実的な価格になるようにします。

【任意売却の流れ③】仲介業者と媒介契約を結ぶ

3

任意売却の相談や家の査定をしていく中で、その内容に納得がいくようであれば仲介業者と契約を結びます。

【任意売却の流れ④】仲介業者とともに債権者(金融機関)と交渉する

4

仲介業者との準備が整ったら、基本的には仲介業者の担当者が金融機関との交渉を始めます。

一般的に、家の所有者は金融機関から連絡があった場合のみの対応となります。

【任意売却の流れ⑤】家の販売開始

5

金融機関が任意売却に承諾したら、家の販売が開始されます。

通常の不動産売買と同じように市場に出されますので、購入希望者が内覧にこられることもあります。

【任意売却の流れ⑥】債権者の同意を得てから売買契約

6

家の買い手が見つかり販売価格に合意してもらえたら、金融機関に購入申込書と売買代金配分表を提出します。

売買代金配分表とは売却額の使い道を書いた書類です。売却額とその使い道を金融機関が許可してから、買い手への売却が可能となり売買契約を結びます。

【任意売却の流れ⑦】引越し※引っ越す場合

7

買い手との売買契約が完了したら、契約で決められた明け渡し日までに引越しをします。

タイトルとURLをコピーしました